1
  • ちょこっと不動産は危ない?
  • ちょこっと不動産の評判は?
  • ちょこっと不動産は儲かるの?
不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CF(含むソシャレン)に1000万超投資中のもん(@saborumon)が、ちょこっと不動産について、評判・口コミ・特徴・メリット・デメリットをまるっと解説します。

まいど!


不動産CFを選ぶ4つのポイント

まず、不動産投資型クラウドファンディング(以下、不動産CF)は、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。

その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしました。
不動産CFを選ぶ4つのポイント

・損をするリスク対策は?

・どんな会社が運営しているの?

・物件情報と物件情報の公開度は?

・利回り、運用期間は?

不動産投資型CFを選ぶポイントの詳細って?という方

💡あわせて読みたい


ちょこっと不動産とは

ちょこっと不動産
ちょこっと不動産は、2021年3月にサービスを開始した不動産CFです。

東京都心の物件を扱う不動産CFが多い中で、ちょこっと不動産は、東京郊外をエリアとしている点がユニークです。

ちょこっと不動産を運営している会社

【株式会社良栄】
✔設立   平成3年2月
✔上場   非上場
資本金  1億円
代表   森田 良人
✔業績   過去4年増収、経常黒字

ちょこっと不動産を運営している良栄は、非上場ですが、創業30年超です。
近年、増収、経常黒字であり、業績は堅調です。

ちょこっと不動産で損をするリスク対策

ちょこっと不動産では、損をするリスク対策として、優先劣後方式を採用しています。

優先出資側は、投資家。
劣後出資側は、良栄です。

損が出た場合、劣後出資相当分までの損失を、投資家より優先的に運営会社が負担します。
ちょこっと不動産の劣後出資割合は、30%です。
つまり、損が出た場合、良栄が30%分までの損をカバーします。

ちょこっと不動産では、「マスターリース契約」も採用しています。

マスターリース契約とは、空室になった場合の損をカバーする契約です。

・優先劣後方式を採用。優先:劣後=70:30
・マスターリース契約あり

ちょこっと不動産の物件情報と情報公開度

ちょこっと不動産の#3ファンドにて、物件情報の公開度をチェックしてみました。

住所:〇
最寄り駅へのアクセス:〇
構造:〇
ファンド収支明細:☓

物件情報は、概ね公開されています。
しかし、ファンド収支明細に関しては公開されていません。
ファンド収支が気になるという方には、ちょこっと不動産は向かないかもしれません。

【 ちょこっと不動産に会員登録する 】

ちょこっと不動産の利回り・運用期間

・ファンド数:5
・想定利回り:5~6.0%
・想定運用期間:5~6カ月
※21年8月27日現在

運用期間6カ月以内はちょうどよいかな。

ちょこっと不動産の特徴

ちょこっと不動産の特徴を紹介します。

1万円から不動産投資可能

不動産投資には多額の資金が必要というイメージがあるかもしれません。
ちょこっと不動産では、1万円から投資可能です。

不動産ジャンルが多彩

1
ちょこっと不動産では、住居用物件、オフィス、テナントなど対象物件のジャンルが多彩です。
これまで募集されたファンドでは、マンション、アパート、ロードサイド店舗が対象でした。

東京郊外中心

ちょこっと不動産の対象物件は、東京郊外中心です。

不動産CF界隈では、ユニークな存在です。

高すぎず低すぎない5~6%

あらたな不動産CFが続々と登場しています。

そのような中で、想定利回り5~6%は、他と比べ、高すぎず低すぎないといえます。
また、運用期間5から6カ月は、相対的に短めです。

ちょこっと不動産のメリット

他の不動産CFと比べ、ちょこっと不動産のメリットを紹介します。

損をするリスク対策が2重

ちょこっと不動産では、優先劣後方式とマスターリース契約が損をするリスク対策です。

つまり、損をするリスク対策は2重といえますよ。

他と比べて厚めのリスク対策です。

エリア分散効果を目指せる

ちょこっと不動産は東京郊外中心です。

東京都心専門などの不動産CFと併用すれば、エリア分散効果をねらえます。

ちょこっと不動産のデメリット

ちょこっと不動産を他の不動産CFと比べ、デメリットを紹介します。

他の不動産CFと比較しにくい

東京郊外をエリアにする不動産CFは他にないため、ちょこっと不動産は、他の不動産CFと比較しにくいといえます。

他の不動産CFと比較したいという人には、ちょこっと不動産は向かないかもしれません。

ちょこっと不動産の評判・口コミ

ちょこっと不動産の評判・口コミは、例えば以下のとおりです。

・ちょこっと不動産申し込み完了しました。3分くらいで完売しました。分配金が毎月もらえるのが嬉しいです。
・比較的短期資金を運用したい方向けかと。
・ダメだった。ちょこっと不動産で投資できず
・1000万円だと即完ですね。

募集額が少ないため毎回クリック合戦なんですよね。ぼくは1勝2敗です💦


【 ちょこっと不動産に会員登録する 】

ちょこっと不動産まとめ

・東京郊外中心
・非上場だが創業30年超の企業が運営。近年業績は堅調
・相対的に高すぎず低すぎない想定利回り
・損をするリスク対策が2重で相対的に厚め

ちょこっと不動産は、東京郊外中心で、高すぎず低すぎない想定利回りなど面白いファンドをリリースしていると感じます。

不動産CFでは、運営会社が倒産すると、元本が欠損します。

良栄は、創業30年超で、業績も堅調です。
しかし、非上場であり、信用などが未知数です。

集中投資を避けたつつ、ちょこっと不動産に向きあうのが無難と考えます。

【 ちょこっと不動産に会員登録する 】

さいごに

以上、ちょこっと不動産の特徴・メリット・デメリット・評判・口コミを解説しました。

何かの参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサードリンク