1
Fundsにてメルカリファンド#3が公開されました。

これまで募集されたメルカリファンドでは、募集開始後、募集額が即満額に達し募集完了となる人気ぶりでした。

実は、#3は、これまでのファンドとファンド募集内容が異なります。

不労所得でセミリタイアを目指し、1,000万超不動産CF'(含むソシャレン)を運用しているもん(@saborumon)が、Fundsのメルカリファンド#3とこれまでとの違いを紹介します。

・#2から#3への変更点
 ー想定利回り:2.0%⇒1.5%
 ーポイント還元率:最大1.0%⇒0.5%
・今後のメルペイ事業戦略=メルペイ投資サービスをさらに展開させる!?

まとめるとこんな感じです。

まいど!



Funds(ファンズ)とは

Funds
Fundsは、1円から投資できるソーシャルレンディングです。
上場企業へ投資できるファンドが主軸で、約8割をしめます。

人気のメルカリファンドをリリースしたり、ファンづくりを目的としたファンドをリリースしたり、何かと話題です。

【 Fundsに会員登録する 】

運営会社は、ファンズ社です。

ファンズ株式会社
上場  非上場
創業   2016年11月
資本金  4.83億円
代表   藤田 雄一郎

ファンズ社は非上場企業です。
今年、シリーズCラウンドによる資金調達しました。
シリーズCラウンドとは、上場を視野に入れたステージにいるということです。
💡あわせて読みたい


メルカリファンド#3とは

3
メルカリファンドは、ファンズの他のファンドと異なる点がいくつかあるので、要注意です。

例えば、投資分の入金は、メルペイからします。
ですので、もしファンドに応募するなら、事前にアプリをスマフォにダウンロード、銀行口座登録などして、メルペイから入金できるように事前準備しなくてはいけません

【 Fundsに会員登録する 】

メルカリファンド#2と#3の違い

想定利回りとポイント還元率が低下

chart (7)
#2は想定利回り2.0%でした。
#3は1.5%。
まずここが大きな違いです。
3-3
#3では、90万投資すると、最大となる0.5%ポイント還元です。
#2では、90万投資で1%ポイント還元でした。

これが二つ目の違いです。
ファンド募集内容自体、それ以外は、基本的に同じです。

【 Fundsに会員登録する 】

しかし、メルペイの事業戦略説明図が若干異なっています。
次にそれを説明します。

メルカリのビジネスモデル

2-1
メルカリのビジネスモデル #2
3-1
メルカリのビジネスモデル #3

#2と#3では若干、図が異なっています。
しかし、内容としては同じことを伝えていると考えます。

メルペイの事業戦略

2-2
メルペイの事業戦略 #2
3-2
メルペイの事業戦略 #3

#3では、ふえるお財布として「メルペイによる資産運用」が追加されています。

これまで、メルカリはFundsを利用したメルペイによる資産運用を提供していました。
今後は、メルペイによる資産運用をさらに展開させるという考えなのかもしれません。

さいごに

以上、Fundsのメルカリファンド#3と、これまでとの違いを紹介しました。

何かしらの参考になれば幸いです。

※ 本記事は投資を助長するものではございません。

ではでは。

スポンサードリンク