1
  • プロパティプラスは危ない?
  • プロパティプラスの評判は?
  • プロパティプラスは儲かるの?
不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CF(含むソシャレン)に1000万超投資中のもん(@saborumon)が、プロパティプラスについて、評判・口コミ・特徴・メリット・デメリットをまるっと解説します。

まいど!


不動産CFを選ぶ4つのポイント

不動産CFは、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。
その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしました。
不動産CFを選ぶ4つのポイント

・損をするリスク対策は?

・どんな会社が運営しているの?

・物件情報と物件情報の公開度は?

・利回り、運用期間は?

不動産投資型CFを選ぶポイントの詳細って?という方

💡あわせて読みたい


プロパティプラスとは

プロパティプラス
プロパティプラスは、2021年5月にサービスを開始した不動産投資型クラウドファンディング(以下CF)です。

プロパティプラスを運営する企業は、リビングコーポレーションです。

リビングコーポレーションは、全国政令指定都市に投資用デザインマンション(quador/Branche)を展開しています。

これまで募集されたファンドは、すべてBrancheマンションが投資対象でした。

プロパティプラスを運営している会社

株式会社リビングコーポレーション
✔設立   2015年8月
✔上場   非上場
資本金  1億円
代表   鈴木英樹

プロパティプラスを運営している会社は、株式会社リビングコーポレーションです。
1
リビングコーポレーションは、一建設の子会社です。
一建設は、東証1部上場の飯田グループホールディングスグループ企業です。
一建設は、リビングコーポレーションを2019年12月に子会社化しました。

つまり、プロパティプラスは、東証1部上場グループ企業が運営する不動産CFです。

プロパティプラスで損をするリスク対策

プロパティプラスでは、損をするリスク対策として、①優先劣後方式、②マスターリース契約があります。

優先出資側は、投資家。
劣後出資側は、リビングコーポレーションです。

損が出た場合、劣後出資相当分までの損失を、投資家より優先的に運営会社が負担します。

ファンドの収益源は、不動産から得られる賃料と売却益です。
空き室になると、賃料収入が減り、結果として想定利回りに届かない可能性があります。
マスターリース契約とは、あらかじめ賃料契約を結ぶことで、空き室かどうかにかかわらず、賃料分を受けとれる契約です。

損をするリスク対策
①優先劣後方式を採用
②マスターリース契約

プロパティプラスの物件情報と情報公開度

プロパティプラスの#3ファンドにて、物件情報の公開度をチェックしてみました。

住所:〇
最寄り駅へのアクセス:〇
構造:〇
ファンド収支明細:〇

物件情報は、概ね公開されています。
直接還元法などファンド収支明細も公開されています。
ファンド収支明細まで公開する不動産CFは少数派ですので、プロパティプラスの情報公開度は高いといえます。

【 プロパティプラスに会員登録する 】

プロパティプラスの利回り・運用期間

・ファンド数:5 ※
・想定利回り:10%
・想定運用期間:3カ月

※2021/11/24現在。リビングコーポレーション提供ファンドに限る

これまで募集されたファンドでは、想定利回りはすべて10%でした。
これは他の不動産CFと比べて、高い利回りです。
高利回りだからリスクも高いというわけでなく、
現在はキャンペーン期間中ですので、高い想定利回りになっています。

キャンペーン後は利回り3.5%あたりになる見込みです。

逆にいえば、キャンペーン期間の今は断然お得!。

【 プロパティプラスに会員登録する 】

プロパティプラスの特徴

プロパティプラスの特徴を紹介します。

10万円から不動産投資可能

不動産投資というと多額の資金が必要というイメージがあるかもしれません。
プロパティプラスでは、10万円から1万円単位で不動産投資可能です。

全国政令指定都市の投資用マンションが対象

リビングコーポレーションは、全国政令指定都市に投資用デザインマンション(quador/Branche)を展開しています。

プロパティプラスのエリアも、全国政令指定都市に展開されると思われます。

プロパティプラスのメリット

他の不動産CFと比べ、プロパティプラスのメリットを紹介します。

東証1部上場グループ企業が運営

プロパティプラスは、東証1部上場グループ企業が運営しています。

上場グループ企業が運営するからといって安心というわけではありません。

ただ、上場企業はコンプライアンス面での管理が必要であり、定期的に財務業績情報を公開するので、投資家は財務業績情報をチェックできるなど、投資家にとってもメリットです。

2重の損をするリスク対策

プロパティプラスでは、損をするリスク対策として、①優先:劣後方式を採用、②マスターリース契約です。

つまり、2重の対策により、投資家が損をするリスクを下げています。

プロパティプラスのデメリット

プロパティプラスを他の不動産CFと比べ、デメリットを紹介します。

想定利回りは3.5%と低め

プロパティプラスのこれまでのファンドでは、想定利回りは10%でした。
ただし、これはキャンペーンによるものです。

そのうち3.5%あたりになると思われます。
3.5%は、不動産CFの中で高い利回りとはいえません。

プロパティプラスの評判・口コミ

プロパティプラスの評判・口コミは、例えば以下のとおりです。

・プロパティプラスとの無駄な資金移動が3往復。
・申し込みが終わったのに反映されてないってことは、今回は残念だったということか
・不動産クラウドファンディングでプロパティプラスというのがあるようですね。ちょっと興味が湧きます
・いつまでキャンペーンが続くか分かりませんので、続いているうちに飛び乗ってみることにします

【クリック合戦】
これまで募集されたファンドは、キャンペーン利回りファンドであり、激しいクリック合戦になりました。
ファンドに応募したものの投資できなかったという評判口コミがみられました。

ひとつ目の口コミは、プロパティプラスではファンドの申し込み時事前入金が必要となることに関してです。

プロパティプラスでは、GMOあおぞらネット銀行から入出金すれば、振込および出金手数料はかかりませんよ。

【キャンペーン利回り】
キャンペーン利回りはいつか終わります。

11月下旬に公開予定のファンドもひきつづきキャンペーン利回りですよ。

ぼくも毎回応募してますが、すべてクリック合戦に敗れています!


プロパティプラスまとめ

プロパティプラスは現在キャンペーン期間中です。
想定利回り10%と高利回りなファンドを展開しています。
そのうち、想定利回り3.5%あたりと、決して高い利回りとはいえないファンドを展開すると思われます。

しかし、定期的に一月に1つファンドをリリース、東証1部上場グループ企業による運営、損をするリスク対策が2重など、高利回り高リスクより保全対策重視派にとってはプロパティプラスの動向は今後も目が離せません。


さいごに

以上、プロパティプラスの特徴・メリット・デメリット・評判・口コミを解説しました。

何かの参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサードリンク