1
  • OwnersBookは危ない?
  • OwnersBookの評判は?
  • OwnersBookは儲かるの?
不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CF(含むソシャレン)に1000万超投資中のもん(@saborumon)が、OwnersBookについて、評判口コミ・特徴・メリットデメリットをまるっと解説します。

まいど!


不動産CFを選ぶ4つのポイント

まず、不動産投資型クラウドファンディング(以下、不動産CF)は、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。

その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしました。
不動産CFを選ぶ4つのポイント

・損をするリスク対策は?

・どんな会社が運営しているの?

・物件情報と物件情報の公開度は?

・利回り、運用期間は?

不動産投資型CFを選ぶポイントの詳細って?という方

💡あわせて読みたい


OwnersBookとは

OwnersBook
OwnersBookは、2014年9月にサービスを開始した、日本初の不動産CFです。

OwnersBookでこれまで募集されたファンドでは、想定利回り2.0%から6.0%です。
4%後半から5%までがボリュームゾーンです。

これは、相対的に高すぎず低すぎない想定利回りといえます。

OwnersBookを運営している会社

ロードスターインベストメンツ株式会社
✔設立   2019年8月
✔上場   非上場
✔関連会社 東証マザーズ上場のロードスターキャピタル株式会社

代表   貝塚 浩康

OwnersBookを運営している会社は、ロードスターインベストメンツ株式会社です。

ロードスターインベストメンツは、東証マザーズ上場ロードスターキャピタル100%子会社です。

つまり、OwnersBookは、東証マザーズ上場企業100%子会社による運営です。

OwnersBookで損をするリスク対策

OwnersBookの損をするリスク対策は、不動産担保です。

すべてのファンドは、都心(たまに首都圏)の不動産担保つきです。
不動産担保の評価額に対する融資額は、最大80%以下、すなわちLTV80%以下です。

損をするリスク対策 = 都心(たまに首都圏)の不動産担保&LTV80以下

OwnersBookの物件情報と情報公開度

住所:〇
最寄り駅へのアクセス:〇
構造:〇
融資先企業:△

物件情報は、概ね公開されています。

融資先企業については、企業名は公開されますが、財務・業績情報は公開されません

融資先企業の情報が足りないと思う方は、OwnersBookは向かないかも知れません。

【 OwnersBookに会員登録する 】

OwnersBookの利回り・運用期間

・平均想定利回り:4.8%
・平均想定運用期間:24.5カ月

※2021/9/3現在の直近15ファンド

直近15ファンドの平均想定利回りは4.8%です。

相対的に高すぎず低すぎない想定利回りです。

平均想定運用期間は、24.5カ月です。
これは、相対的には長めです。
想定運用期間 と 想定利回り

人によって運用期間が長すぎるとなるかも。

【 OwnersBookに会員登録する 】

OwnersBookの特徴

OwnersBookの特徴を紹介します。

1万円から不動産投資可能

不動産投資というと多額の資金が必要というイメージがあるかもしれません。
OwnersBookでは、1万円から不動産投資可能です。

想定利回り&想定運用期間

OwnersBookの平均想定利回りは、4.8%。
平均想定運用期間は、24.5カ月でした。

相対的に高すぎず低すぎない想定利回り、相対的に長い想定運用期間」は、OwnersBookの特徴でもあります。

OwnersBookのメリット

他の不動産CFと比べ、OwnersBookのメリットを紹介します。

マザーズ上場企業100%子会社による運営

OwnersBookは、マザーズ上場企業100%子会社による運営です。

上場企業では、財務・業績など情報公開度は高くなりますし、コンプライアンス面もチェックされるなど、投資家にとってはメリットといえます。

損をするリスク対策のシンプルさ

すべてのファンドは、都心中心(たまに首都圏)不動産担保つき、LTV80%以下です。

シンプルですよね。

シンプルなので、わかりやすく、投資家にとってメリットだと考えます。

OwnersBookのデメリット

OwnersBookを他の不動産CFと比べ、デメリットを紹介します。

想定運用期間が長め

平均想定運用期間24.5カ月は、長いです。

運用期間は長ければ長いほど、リスクも上がります。

OwnersBookの評判・口コミ

OwnersBookの評判・口コミは、例えば以下のとおりです。

✔OWNERSBOOKは期間が長い案件が多いんですよねぇ。
✔え、もう締め切ってる…ショック…早すぎん?何時時点で全額集まったんやろ
✔元本割れ実績なしと利回5.1%が魅力でした
✔OwnersBook今日の案件申し込みました(*^^*)早々に終了しましたね!
✔1分かからずの満額達成。あまり頻度が高くないので書類のチェックから暗証番号の入力まで忘れてて焦ってバタバタしてしまう(笑)

想定運用期間の長さは、評判にもなってますね。

OwnersBookのファンドは人気になりがちで、投資に失敗したというコメントもちらほらと。


OwnersBookまとめ

・相対的に高すぎず低すぎない想定利回り
・相対的に長い運用期間
・損をするリスク対策のシンプルさ
・マザーズ上場企業100%子会社による運営

OwnersBookまとめです。

人によっては長すぎると感じる想定運用期間が許容範囲内であれば、OwnersBookは全体的にバランスがとれていると考えます。

日本初の不動産CFでありながら、これからも引き続き注目です。

ただし、絶対はないので集中投資は避けましょう。


さいごに

以上、OwnersBookの評判口コミ・特徴・メリットデメリットを解説しました。

何かの参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサードリンク