1
FUELオンラインのADW米国ファンドが償還されました。

このファンドは、米国ファンドですので、運用は米ドルになります。

不労所得でセミリタイアを目指し、トラリピ&トライオートFXを運用して1000日超のもんが、今回、ADW米国ファンドに投資して感じたことを紹介します。


ADW米国ファンドが償還された

2
FUELオンラインで、21年1月に募集されたADW米国ファンドが償還されました。

3
募集内容は、ざっくりリコースローン+為替ヘッジなしで想定利回り2.5%です。

ADW米国ファンドは4パタンから選択する方式

4パタン
ADW米国ファンドは、1から4号までありました。

1から4号で募集条件が異なり、投資家は好きなタイプのファンドを選ぶというユニークな方式です。

1号:リコースローン+為替ヘッジあり
2号:リコースローン+為替ヘッジなし+1号より想定利回りプラス0.5%
3号:リコースローンなし+為替ヘッジあり
4号:リコースローンなし+為替ヘッジなし+1号より想定利回りプラス0.5%

ぼくは、2号、すなわち、リコースローン+為替ヘッジなしを選んだというわけです。

為替ヘッジありのほうが条件よい?

為替ヘッジなしの2号を選んだ理由は、「投資頻度が増えれば、為替差損は相殺される。為替ヘッジありで、想定利回りマイナス0.5%されるのはいたい」と考えたから。

1
  • 運用開始時円から米ドルへのレート:104.81円
  • 運用終了時米ドルから円へのレート:109.70円
ADW米国ファンド2号は、運用期間開始と終了時に上記のレートで変換されました。

このレートには、スプレッドがあるように感じます(※為替レート算出日などが明記されていないのであくまで推測です)。

その結果、為替ヘッジありとなしを比べると、為替ヘッジありのほうが条件よいのでは?となったわけです。

FUELオンラインで、為替ヘッジありなし選択ファンドが募集されるときは、為替ヘッジありにしようかな、と思った次第です。

ではでは。

スポンサードリンク