1
  • victory fundは危ない?
  • victory fundの評判は?
  • victory fundは儲かるの?
不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CF(含むソシャレン)に1,000万超投資中のもん(@saborumon)が、victory fundについて、評判口コミ・特徴・メリットデメリットをまるっと解説します。

victory fundがおすすめな人 = リスクが高いのを認識したうえで、高利回りをねらいたい人

victory fundがおすすめな人は、こんな感じです。

まいど!


不動産CFを選ぶ4つのポイント

まず、不動産投資型クラウドファンディング(以下、不動産CF)は、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。

その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしました。
不動産CFを選ぶ4つのポイント

・損をするリスク対策は?

・どんな会社が運営しているの?

・物件情報と物件情報の公開度は?

・利回り、運用期間は?

不動産投資型CFを選ぶポイントの詳細って?という方

💡あわせて読みたい


victory fundとは

victoryfnd
victory fundは、都内エリアの不動産CFです。

まず目につくのが、想定利回り10%ではないでしょうか。

victory fundは、既存物件のリノベーションなどでバリューアップすることで、高利回りを実現しています。

victory fundを運営している会社

カチデベロップメント株式会社
✔設立   平成9年7月
✔上場   非上場
✔資本金  13,435万円

代表   足立 和夫

victory fundを運営している会社は、カチデベロップメント株式会社です。

カチデベロップメントは、非上場ですが、創業20年超の企業です。

過去3年、営業黒字です。

victory fundで損をするリスク対策

victory fundの損をするリスク対策は、優先劣後方式です。

優先出資側は、投資家。
劣後出資側は、カチデベロップメントです。

損が出た場合、劣後出資相当分までの損失を、投資家より優先的に運営会社が負担します。
劣後割合は、10%前後です(※4号ファンドまで。ファンドごとに異なり9%から15%)。

損をするリスク対策=優先劣後方式を採用。劣後割合=10%前後

victory fundの物件情報と情報公開度

住所:〇
最寄り駅へのアクセス:〇
構造:〇
ファンド収支明細:〇

物件情報は、概ね公開されています。

ファンド収支明細についても、公開されています。

ファンド収支明細を公開する不動産CFはレア。

よって、情報公開度は高いといえますよ。

【 victory fundに会員登録する 】

victory fundの利回り・運用期間

想定利回り:10%から10.5%
・想定運用期間:6から12カ月

※2021/9/25現在の過去4ファンド

victory fundは、これまで4ファンド募集し、想定利回り10%から10.5%です。

すべて10%代であり、相対的に高利回りです。

すべて10%代キープ!

【 victory fundに会員登録する 】

victory fundの特徴

1
victory fundの特徴を紹介します。

10万円から不動産投資可能

不動産投資というと多額の資金が必要というイメージがあるかもしれません。

victory fundでは、10万円から不動産投資可能です。

プロジェクト型

1号ファンドでは古いテナントビルをリノベーションし、バリューアップを図りました。

このように、既存物件をバリューアップするプロジェクト型案件が、victory fundの特徴です。

プロジェクト型は、物件を安く取得、高く売却を見込めるので想定利回りを高くできます。
一方で、当初の計画どおりにプロジェクトが進捗しないならば、収益も計画どおりにならないリスクがあります。

つまり、リスクは高めでリターンも高いといえますよ

victory fundのメリット

2
他の不動産CFと比べ、victory fundのメリットを紹介します。

高利回り

ここまでお伝えした通りです。

プロジェクト型ゆえに高利回りです。

victory fundのデメリット

3
victory fundを他の不動産CFと比べ、デメリットを紹介します。

リスクも高め

こちらもすでにお伝えした通りです。

プロジェクト型ゆえにリスク高めです。

マスターリース契約なし

損をするリスク対策として、他の不動産CFでは、「マスターリース契約」を採用することがあります。

空室となった場合、賃料収入がなくなります。
マスターリース契約とは、空室時の賃料収入を保証する仕組みのこと。

victory fundでは、マスターリース契約が、ありません。
よって、空室になったらすぐに次の入居者があらわれそうか、物件をチェックしましょう。

victory fundの評判・口コミ

victory fundの評判・口コミは、例えば以下のとおりです。

✔Victory Fundから再度、年利10%案件が登場口を開けた。
✔victory fund夜申し込もうと思ってたら、募集終了してるやん!早すぎ!

「年利10%」
やはり10%が話題に上がってますね。

「募集終了、早すぎ」
victory fundでは先着方式でファンド募集されることがほとんど。

即募集完了のファンドがありましたが、そうでもないことも。

他の不動産CFに比べたらvictory fundは、まだまだ穴場感あり、というのがぼくの印象です。


victory fundまとめ

・リノベーションなどによるバリューアップを図るプロジェクト型
・ハイリスクハイリターン
・創業20年超、過去3年営業黒字ながら、非上場企業による運営

victory fundまとめです。

プロジェクト型のため、相対的に高利回りで、リスク高めです。

カチデベロップメントは創業20年超、過去3年営業黒字ですが、非上場企業であり、信用面などは未知数です。

victory fundがおすすめな人 = リスクが高いことを理解したうえで、高利回りをねらいたい人

victory fundがおすすめな人は、こんな感じです。

集中投資は避けるのが無難ですね。


さいごに

以上、victory fundの評判口コミ・特徴・メリットデメリットを解説しました。

何かの参考になれば幸いです。

※本記事は、投資を助長するものではございません。

ではでは。

スポンサードリンク