1
Property+(プロパティプラス)が、阿佐ヶ谷ファンド#5を公開中です。

阿佐ヶ谷ファンド#5は、阿佐ヶ谷ファンドとしてシリーズ化されているファンドの第5弾です。
これまで募集された阿佐ヶ谷ファンドの想定利回りは、キャンペーン利回りでした。
そして、今回募集される阿佐ヶ谷ファンド#5もキャンペーン利回りです。

不労所得でセミリタイアを目指し、1,000万超不動産CF'(含むソシャレン)に投資しているもん(@saborumon)が、プロパティプラスの阿佐ヶ谷ファンド#5を紹介します。

・ファンド通常利回り3.3%相当がキャンペーン利回り10%
・劣後出資比率71%の厚さ
・応募上限額40万に下がり、投資できる人数が増える

まとめるとこんな感じです。

まいど!


プロパティプラスとは

プロパティプラス
プロパティプラスは、東証1部飯田グループ会社、リビングコーポレーションが運営する不動産CFです。

21年5月にサービス開始。
毎月、阿佐ヶ谷ファンドをリリースしています。
現在までの阿佐ヶ谷ファンドは、すべて想定利回り10%。

通常利回り3.5%相当オープニングキャンペーン利回り10%です。

【 プロパティプラスに会員登録する 】

阿佐ヶ谷ファンド#5とは

3
阿佐ヶ谷ファンド#5は、人気のJR中央線沿線阿佐ヶ谷駅徒歩圏内の区分マンションが対象です。

通常利回り3.3%相当ですが、キャンペーン利回りを適用、想定利回り10%です。
さらに、劣後出資比率71%という他では見られない厚みのある劣後出資比率です。

プロパティプラスのこまれでの傾向

2

激しいクリック合戦

プロパティプラスの阿佐ヶ谷ファンドの募集は、先着方式で実施されます。

これまで募集されたすべての阿佐ヶ谷ファンドは、激しいクリック合戦になりました。

ぼくは全参加・全敗ですw。

#5ファンドでは、募集額1,200万円、上限40万になります。
これまでは、上限100万や50万だったので、投資できる人数は若干増えますね。

だめもと感で参戦してますよ


【 プロパティプラスに会員登録する 】

同時募集のファンドは通常利回りファンド

プロパティプラスでは、阿佐ヶ谷ファンド募集と同時に阿佐ヶ谷ファンドとは別のファンドを募集します。

こちらの別ファンドは、通常利回りファンドです。

阿佐ヶ谷ファンド応募敗者に対する、プロパティプラスのマーケティング戦略ですね。

阿佐ヶ谷ファンドに応募しようとして、間違えて応募しないようご注意ください(ぼくのケース)。

ファンド収支明細も公開

プロパティプラスではファンド収支明細が募集ページに公開されます。

ぜひ、チェックしてみてください。

さいごに

・ファンド通常利回り3.3%相当がキャンペーン利回り10%
・劣後出資比率71%の厚さ
・応募上限額40万に下がり、投資できる人数が増える

プロパティプラスの阿佐ヶ谷ファンド#5ファンドまとめです。

何か感じることがあれば幸いです。

※本記事は、投資を助長するものではございません。

ではでは。

スポンサードリンク