1
利回り不動産が、#13北大前マンションファンドを募集します。

不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CF(含むソシャレン)に1,000万超投資中のもん(@saborumon)が、#13ファンドに投資するかしないか、考えます。

#13ファンド想定利回りは、近隣類似物件キャップレートより若干高い
⇒もんは、応募しますよ。

まとめるとこんな感じです。

まいど!


利回り不動産とは?

利回り不動産
利回り不動産は、2021年4月にサービスを開始した不動産CFです。

利回り不動産でこれまで募集されたファンドでは、想定利回り5.0%から8.0%です。
これは、相対的に高い想定利回りといえます。

・ロンブーの田村淳氏を公式アンバサダーに採用
・ファンドに投資するとワイズコイン還元

利回り不動産は、このようなユニークな施策をとり、サービス開始してから間がないにもかかわらず勢いを感じます。

さらに、ファンドをコンスタントにリリースしており、ファンド数の多さも特徴的ですよ。

利回り不動産=「リターンは高くリスクも高い」。利回り不動産を掘り下げてます。

💡あわせて読みたい


【 利回り不動産公式 】

利回り不動産の#13ファンド

1
#13ファンドの対象不動産は、札幌市のマンションです。

アクセスは、地下鉄駅徒歩1分です。

返済原資については、言及されていません。
賃料収入と売却益が返済原資なのだろうと考えます。

#13の保全対策

2
保全対策は、利回り不動産のこれまで同様、優先劣後出資方式、マスターリース契約です。

優先劣後方式の劣後出資比率は、10%です。

なお、マスターリース契約とは、空室により賃料収入が減るリスク対策です。

これまでのファンドとの比較

2
これまで募集されたファンドの想定利回りは、5.0%から8%です。
#13ファンドの想定利回り6.5%は、これまでのファンドのちょうど中央値になります。

これまで募集されたファンドの想定運用期間は、6か月か12カ月のどちらか。
6か月のケースが多いです。
#13の想定運用期間は、6か月で標準的です。

#13ファンドをチェック

2
ファンドをチェックする目的

ファンドをチェックする目的は、不動産CF会社のいうがままを信用するのでなく、自分なりに判断したいためです。

ただし、ぼくは素人ですので検討違いなことを言ってるかもしれません。
「何馬鹿なこと言ってるんだ」と、ご笑覧いただければ幸いです。

自分で判断したい!


    近隣類似物件のキャップレートをチェック

    近隣の共同住宅のキャップレート ※
    ✔物件1:4.6%、2013/9、100%
    ✔物件2:4.5%、1999/1、99.1%
    ✔物件3:5.7%、?、95%

    ※左から:NCF利回り、竣工、稼働率

    #13ファンドの近隣類似物件キャップレートをチェックしました。

    キャップレートをチェックする目的は、想定利回りとキャップレートを比べるためです。

    想定利回りが、近隣類似物件キャップレートより低いなら、対象不動産を相場より高く取得したなど、投資対象としてのうまみが少ないと考えます。

    逆に、想定利回りが、近隣類似物件キャップレートより高すぎ、かつ、高すぎる理由が明確でないなら、ファンドに何かしらの危なさがあると考えます。

    キャップレートを単純に平均すると、4.9%です。

    #13ファンドの想定利回りは近隣キャップレートより高い

    ・近隣キャップレート=4.9%
    ・#13ファンドの想定利回り=6.5%

    #13ファンドの想定利回りは、近隣キャップレートよりプラスですね。

    投資するしない?

    1. #13号ファンドの想定利回りは、近隣類似物件キャップレートよりプラス
    2. #13ファンドの対象不動産は、近隣類似物件より築年月が古い
    3. よって、#13号ファンドの想定利回りは、近隣類似物件キャップレートより若干プラスと考える

    #13ファンドをまとました。

    結果、もんは応募しますよ。

    さいごに

    以上、利回り不動産の#13ファンドについてでした。
    2

    何かの参考になれば幸いです。

    ※ 本記事は投資を助長するものではございません。

    ではでは。

    スポンサードリンク