1
FUNDROPが、#5東京八王子ファンドを募集します。

不労所得でセミリタイアを目指し、不動産CFに1,000万超投資中のもん(@saborumon)が、#5ファンドに投資するかしないか、考えます。

✔#5ファンド想定利回りは、近隣類似物件キャップレートより高い。その差は1.8%
✔近隣類似物件の築年月は不明。近隣類似物件の築年月は、#5ファンド物件の築年月より新しい可能性
✔#5ファンドの保全対策は、劣後出資割合30%+賃料保証
✔運営会社「FUNDROP」は非上場、設立H25。運営会社の信用面は未知数感を否めない

もんの所感
「#5ファンドの想定利回りにうまみをそれほど感じないものの、劣後出資30%+賃料保証もあるし、少額だけ応募して様子見したい」

まとめるとこんな感じです。

まいど!


FUNDROPの#5ファンド

3
#5ファンドの対象不動産は、JR八王子駅バス12分下車徒歩6分の1棟マンションです。

賃料収入が返済原資です。

#5ファンドは、賃料保証(マスターリース契約)つきです。

保全対策

保全対策は、優先劣後出資方式、および、マスターリース契約です。

優先劣後方式の劣後出資比率は、30%です。

なお、マスターリース契約とは、空室により賃料収入が減るリスク対策です。

【 FUNDROP公式 】

#5ファンドをチェック

2

ファンドをチェックする目的

ファンドをチェックする目的は、不動産CF会社のいうがままを信用するのでなく、自分なりに判断したいためです。

ただし、ぼくは素人ですので検討違いなことを言ってるかもしれません。
「何馬鹿なこと言ってるんだ」と、ご笑覧いただければ幸いです。

自分で判断したい!


    近隣類似物件のキャップレートをチェック

    近隣類似物件=共同住宅のキャップレート ※
    ✔物件1:6.0%、不明、92%
    ✔物件2:6.3%、不明、93%
    ✔物件3:6.3%、不明、92%

    ※左から:NCF利回り、竣工年月、稼働率

    #5ファンドの近隣類似物件キャップレートをチェックしました。

    キャップレートをチェックする目的は、想定利回りとキャップレートを比べるためです。

    想定利回りが、近隣類似物件キャップレートより低いなら、対象不動産を相場より高く取得したなど、投資対象としてのうまみが少ないと考えます。

    逆に、想定利回りが、近隣類似物件キャップレートより高すぎ、かつ、高すぎる理由が明確でないなら、ファンドに何かしらの危なさがあると考えます。

    キャップレート単純平均は、6.2%です。

    #5ファンド想定利回りは近隣キャップレートより高い

    ・近隣キャップレート=6.2%
    ・#15ファンドの想定利回り=8.0%

    #5ファンドの想定利回りは、近隣キャップレートよりプラスですね。

    投資するしない?

    ✔#5ファンド想定利回りは、近隣類似物件キャップレートより高い。その差は1.8%
    ✔近隣類似物件の築年月は不明。近隣類似物件の築年月は、#5ファンド物件の築年月より新しい可能性
    ✔#5ファンドの保全対策は、劣後出資割合30%+賃料保証
    ✔運営会社「FUNDROP」は非上場、設立H25。運営会社の信用面は未知数感を否めない

    もんの所感
    「#5ファンドの想定利回りにうまみをそれほど感じないものの、劣後出資30%+賃料保証もあるし、少額だけ応募して様子見したい」

    以上、#5ファンドまとめです。

    結果、もんは小額だけ応募する予定です。

    さいごに

    以上、FUNDROPの#5ファンドについてでした。

    何かの参考になれば幸いです。

    ※ 本記事は投資を助長するものではございません。

    ではでは。

    スポンサードリンク