ソーシャルレンディングで不労所得

国内の預金金利は、高くはありません。 預金金利と比較すると高利回りなソーシャルレンディング。 ただ、ソーシャルレンディングには以下のようなリスクがあります。
  • 元本保証ではない。
  • 運用期間中に途中解約ができない。
  • 投資先が公開されていないことがある。

ソーシャルレンディングに投資をはじめて三年目。 期失が2案件あり、収益はいまだマイナス。

しかし、不労所得としてのソーシャルレンディング投資に可能性を感じており、しばらく続けます。

今回、募集中のソーシャルレンディング案件に、投資する、しないを判断したのでお伝えします。

ファンドの概要

  • ソーシャルレンディング事業者、Crowd Bank
  • ファンド名、太陽光発電ファンド 第1473号
  • 予想利回り 6.6%, 予想運用期間 約7カ月
  • 担保・保証:Crowd Bank会員限定情報参照
  • 本ファンドへの返却原資:融資先は太陽光発電事業の開発をすすめ、魏行または企業ごと売却し、売却金を返却原資にする予定。
  • 本ファンドの特徴:2013年度に認定取得。調達単価は36円/kWh。

投資する? しない?

今回の案件では、個人的に以下のように感じました。
  • Crowd Bankのこれまでの太陽光ファンドの運用実績がある。
  • 私がこれまで投資していたクラウドバンク、太陽国発電ファンドが返却された。

以上のような経緯から、投資することにしました。

スポンサードリンク