事業者
こんにちは。もん(@saborumon)です。

【もんの属性】
リピート系FX、ソーシャルレンディング、株式でセミリタイアをめざしてます。

2018年からソーシャルレンディング投資を開始。ほどなくして、投資金100万溶かしましたが、現在は約1000万投資中。

ソーシャルレンディングの以下の2点に、魅力を感じています。
・リスクとリターンが高すぎず、低すぎない、そのバランス(注:ファンドによります!)
・運用期間中にすることがなく、ほったらかしにできること

ソーシャルレンディング投資のポイントは、
どのソーシャルレンディング事業者にするか、です。

今回、実際にぼくが投資している事業者の中からおすすめの事業者をピックアップ。
特徴を比較します。

参考記事:そもそもソーシャルレンディングとは?という方は↓
  • ソーシャルレンディング事業者を選ぼう
  • Funds
  • OwnersBook
  • CRE Funding
  • Rimple
  • サテライト(クラウドバンク、CREAL)

ソーシャルレンディング事業者を選ぼう

ソーシャルレンディングは、運用をはじめてから運用が終わるまで、
投資さえしてしまえば、することはありません。

いいかえると、運用中、運用をやめたくなってもやめることはできません。
運用中に社会情勢が変化し、運用が失敗するリスクが高まったからといって、
運用をやめるわけにはいきません。

運用が失敗するリスクだけではありません。
ソーシャルレンディング事業者自体がトラブルを起こすリスクです。

業界でピカイチの実績のあるSBIソーシャルレンディングにて、
トラブルが発生してしまいました。

そこで、事業者選びの方針を変えます。
メイン、サテライトとして事業者を選びます。
メインの事業者は、財務面で体力があり、万が一のときの強さ(担保・保証の厚さ)を重視します。
キャプチャ
今回取り上げる事業者の一覧です。

個人的なおすすめは、FundsOwnersBookCRE Fundingです。

つづいて、事業者ごとの特徴です。

Funds

Funds
Fundsでは、上場企業へのリコースローン型の事業性融資が特徴でした。

最近、方針変更され、上場企業に加え、非上場企業も対象に加えることで、ファンドの絶対数を増やすことをめざしています。

ただ、個人的な見解ですが、ひきつづき、Fundsの主軸は、「財務面がしっかりした上場企業リコースローン型&ファンド組成企業が借手企業子会社」だと考えます。
  • 〇:リコースローン。お金を借りた企業が倒産、あるいは、お金を借りて実施したプロジェクトが失敗などにより、元本が欠損するリスク(貸し倒れリスク)の低減策として、リコースローンを採用しています。リコースローンを採用したファンドでは、万が一、ファンドの事業や運営に失敗しても、お金を借りた企業にお金の返済能力があれば、投資者からの貸付金は返済されます。
  • ユニーク:ファンド組成企業がファンドごとに異なる。ファンド組成企業には、Fundsの子会社、あるいは、お金を借りた企業の子会社がなります。お金を借りた企業の子会社がファンド組成企業になる場合、ファンドの運用中、Fundsが倒産した場合、投資者が投資したお金が、Fundsにある期間だけに、事業者リスクは限定され、つまり、事業者リスクが減ります。
  • △:人気のあるファンドでは、クリック合戦に勝ちぬく、もしくは、抽選にパスしないと投資できません。

OwnersBook

OwnersBook
OwnersBookは、国内で最初の不動産特化型クラウドファンディングです。
不動産ファンドに特化したサービスを提供しています。
  • 〇:2014年サービス開始からの実績。
  • 〇:東証マザーズ上場企業のロードスターキャピタル株式会社が運営。
  • 〇:すべてのファンドに不動産担保あり、かつ、LTV80%以下。
  • △:抽選案件では、抽選にパスしないと投資できないことが多い。

CRE Funding

CRE Funding
CRE Fundingは、物流不動産に特化したサービスを提供している事業者です。
去年からサービスを開始。現在までに10のファンドが募集されました。

CRE Fundingでは、元本が欠損するリスクを低減する仕組みが、3重になっていることが特徴です。
  • 〇:元本が欠損するリスクの低減策が3重です。1. マスターリース契約、2. 東証一部上場の株式会社CRE(以下CRE社)による保証、3. 不動産担保権の設定です。
  • 様子見:サービスを開始して日が浅く実績が少ないこと。
  • △:最新の10号ファンドでは募集開始後瞬時に募集完了となりました。クリック合戦にパスしないと、投資できない場合があります。
  • △:提供するファンドの絶対数が少なめ。

Rimple

Rimple
Rimple(リンプル)は、不動産投資型クラウドファンディングです。

Rimpleを運営するプロパティーエージェント社が運営する、
都内のマンション、レジデンスが投資対象です。

去年からサービスを開始。
サービス開始から2年目となる4月から毎月2回ファンドを公開。
これまでの課題だったファンド数不足が、改善されるか注目です。
  • 〇:運営事業者は、東証一部上場企業のプロパティーエージェント社
  • 〇:優先劣後方式を採用。プロパティエージェント社が30%の劣後出資です。
  • △:ファンドの絶対数不足。抽選にパスしないと投資できません。
  • 様子見:サービスを開始して日が浅く実績は少なめ。

サテライトとして

クラウドバンク
クラウドバンク

クラウドバンクは、2013年からサービスを提供しています。
国内のソーシャルレンディング事業者において、
実績はトップレベルです。
  • 〇:2013年のサービス開始からの実績。行政処分を受けたこともあるが、それを乗り越え、これまで貸し倒れはありません。
  • 〇:ファンドの絶対数が多く、抽選やクリック合戦にならないことが多い
  • ユニーク:再生可能エネルギー、不動産担保融資、ローン担保証券など多ジャンル
  • 〇:上場企業保証型融資、都心物件の不動産担保融資など、担保・保証が厚いファンドもある

CREAL
CREAL
CREALを運営するブリッジ・シー・キャピタル(以下BCC)は、
20年7月30日、不動産投資型クラウドファンディング運用残高No1になったと発表しました。

BCCが、不動産投資クラウドファンディング運用残高No1となるのは、2年連続です。

CREALの特徴は、不動産投資に必要な情報が明確に公開されていることです。
  • 〇:貸し倒れリスクにより、元本が欠損するリスクを低減しています。リスク低減策は、優先劣後方式とマスターリース契約です(マスターリース契約は、ファンドによっては適用されないので、要チェック)。
  • 〇:保育園など、他のソシャレン事業者にはないユニークなファンドあり。
  • △:人気のあるファンドはクリック合戦になる。


さいごに

ソーシャルレンディング事業者を比較しました。

ソーシャルレンディング投資のキモは、分散投資。
事業者も、なるべく分散させたいですね。

参考記事:ソーシャルレンディングに投資するさいのチェックポイント↓

ではでは。

スポンサードリンク