1
こんにちは。もん(@saborumon)です。

【もんの属性】
リピート系FX、ソーシャルレンディング、株式でセミリタイアをめざしてます。

2018年からソーシャルレンディングに投資を開始。ほどなくして、投資金100万溶かすが、現在は約1000万投資中。

ソーシャルレンディングの以下の2点に、魅力を感じています。
・値動きがない。他の投資手法と異なる値動きになること
・運用期間中にすることがなく、ほったらかしにできること

さて、2019年1月にリリースしたFundsが、
シリーズCラウンドで総額20億円の資金調達を実施しました。

この知らせとともに、
「数字で振り返るこれまでのFunds」なる企画が公開されました。

今回は、この2件について紹介します。

参考記事:そもそもソーシャルレンディングとは?という方は↓

記事内容
  • シリーズCラウンドで資金調達を実施
  • 8割が上場企業
  • 口座開設&資産運用応援キャンペーンスタート

シリーズCラウンドで資金調達を実施

1
今回、Fundsは、
第三者増資という形で、
新規引受先としてANRI、日本郵政キャピタル、メルペイ等と既存株主から、
総額約20億円を資金調達しました。

シリーズCラウンドとしての資金調達です。

シリーズCラウンドとは、
黒字経営が安定化、IPOやM&Aを意識する段階のこと。

階段をステップアップですね。

8割が上場企業

資金調達のトピックに合わせ、
数字で振り返るこれまでのFundsなる企画が公開されました。
2
利用企業内訳として、85%が上場企業です。
3
ファンズで資金調達する理由は、7割が資金調達の多様化。
投資を通じたファンづくり、個人株主づくりとつづきます。
4
Fundsを選んだ理由は、おもしろいデータですね。
1位、2位はソシャレン全体についていえること。
3位の上場企業中心は、Fundsのユニークポイントですよね。
5
投資先企業への印象は、84%が応援したくなる、
半数以上は商品やサービスを購入したくなるとのこと。

企業にとって、ファンづくりとしての効果ありといえそうですよね。

その他のデータは、以下のとおりです。
  • 募集ファンド数:73本
  • 満額成立率:95%
  • 満額達成までの達成時間:8割が3時間以内
  • 1企業あたりの調達額:最大12億円、平均2.3憶円
  • 個人投資家の年齢分布:30~40代が65%
  • 個人投資家の資産区分:3割が900万以上の資産保有
  • 1人あたり平均累積投資額:100万円オーバー
  • 分配遅延、元本毀損:0

口座開設&資産運用応援キャンペーン

キャンペーンがスタートしましたよ。

【口座開設&資産運用応援キャンペーン】
対象期間中(4月27日~6月9日)に口座開設された方を対象として
抽選で100名様に1000円分のアマギフプレゼント。
さらに、新規口座開設された方で、累計10万円以上投資された方の中から抽選で
10名様に1万円分のアマギフプレゼント。

【twitterフォロー&リツイートキャンペーン】
対象期間中にFundsTwitter公式アカウントをフォローし、
対象ツイートをリツイートした方の中から抽選で10名様に、
アマギフ1,000円分プレゼント。

【 Funds 】

さいごに

Fundsのユーザーとしては、
シリーズCラウンドがうれしいですね。

Fundsを利用する企業にとってもメリットがあるとのことで、
Fundsから目がはなせませんね。
Funds
ではでは。

スポンサードリンク