1
  • ジョイントアルファは危ない?
  • ジョイントアルファの評判は?
  • ジョイントアルファは儲かるの?
そんな疑問があるかもしれません。

そこで、不労所得でセミリタイアを目指し、不動産クラウドファンディング(含むソシャレン)に、1000万超運用中のもん(@saborumon)が、不動産CF)のジョイントアルファについて、評判・口コミ・3つの特徴からメリット・デメリットまで、まるっと解説します。

ようこそ!



不動産CFを選ぶポイント

はじめに不動産CFは、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。

その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしてみました。
💡不動産CFを選ぶポイント

✔損をするリスク対策は?
✔どんな会社が運営しているの?
✔物件情報と物件情報の公開度は?
✔利回り・運用期間は?

不動産CFとは?選ぶポイントとは?について

💡あわせて読みたい


ジョイントアルファとは

ジョイントアルファ
ジョイントアルファとは、2019年にサービスを開始した、10万円から不動産投資できる不動産クラウドファンディングです。

ジョイントアルファを運営している会社

ジョイントアルファを運営会社は、東証一部上場企業のあなぶき興産株式会社です。
1964年創業、売上規模900憶、純資産300憶です。

不動産投資型CFの中で、会社の規模はピカイチです。


上場していれば必ずしも安心というわけではありません。

しかし、財務、業績情報は随時公開されますし、
外部の監査もあるので、
一定の安心感はありますよ。

【 Jointoα(ジョイントアルファ)

💡

上場企業は、4半期ごとに財務、業績情報を公開します。

ジョイントアルファで損をするリスク対策

ジョイントアルファでは、損をするリスク対策として、優先劣後方式を採用しています。

優先出資側は、投資家。
劣後出資側は、運営会社です。

運用が想定通りにならず損失が出た場合、
劣後出資相当分までの損失を、
投資家より優先的に運営会社が負担します。

ジョイントアルファの劣後出資割合は、30%。
よって、あなぶき興産が30%分までの損をカバーします。

優先劣後方式方式を採用。優先出資:劣後出資割合 70:30

ジョイントアルファの物件情報と情報公開度

2
16号の谷町6丁目ファンドの物件を、
投資用マンションのチェックリストでチェックしてみました。

大阪の中心部、地下鉄駅から徒歩5分です。
築年月は1998年。
1
ファンド収支明細も公開されます。

情報公開度としては、不動産CFの中でトップレベルといえます。

ジョイントアルファの利回り・運用期間

キャプチャ
これまで募集されたファンドは、計16件。

運用期間は、ほとんどのファンドで12カ月。
想定利回りの平均は、3.6%です。
ファンドの傾向

想定利回り:平均3.6%。低め
想定運用期間:ほとんどが12カ月

運用期間が短めなのはGoodです♪


ジョイントアルファの特徴

10万円から投資可能

ジョイントアルファでは、
10万円から投資可能です。

全国主要都市&住居用物件中心

ジョイントアルファの案件は、
東京、京都、福岡、長崎、高松など全国主要都市に拡がり、
マンション、テナント、ホテルなどジャンルは様々です。

ジャンルのボリュームゾーンは、住居用物件です。

ジョイントアルファのメリット

ジョイントアルファを他の不動産CFと比較し、
メリットをみてみましょう。

東証一部上場企業が運営

不動産CFでは、運営会社が倒産すると元本が欠損します。

ジョイントアルファは、東証一部上場企業の運営です。

上場企業だから安全というわけではありません。

しかし、コンプライアンス面や監査された財務・業績情報が公開される点は、投資家からするとメリットといえます。

物件情報公開度が高い

住所、公共交通機関へのアクセス、構造といった物件の基本情報に加え、
ファンドごとに支出・収入などが公開されており、情報公開度は高いです。

エリアもジャンルも広範囲

エリアは全国主要都市に拡がり、
ジャンルは住居用物件がメインですが、
テナント、ホテル等様々。

そのため、エリアやジャンルなどで、
分散投資効果が期待できます。

【 Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファのデメリット

次に、ジョイントアルファを他の不動産CFと比べ、
デメリットをみてみましょう。

マスターリースなし

損をするリスク対策として、
他の不動産CFでは、
「マスターリース契約」を採用することがあります。

空室となった場合、賃料収入がなくなります。
マスターリース契約とは、
空室時の賃料収入を保証する仕組みのこと。

ジョイントアルファでは、マスターリース契約が、
ありません。

よって、空室になったらすぐに次の入居者があらわれそうか、
物件をチェックしましょう。

抽選が当たりづらい

ジョイントアルファでは抽選方式で案件募集されます。

人気があり、抽選倍率は10倍を超えることも。

抽選応募するのは無料だし、当たればラッキー的な感じで応募してますよ。


    ジョイントアルファの評判・口コミ

    ジョイントアルファの評判は、例えば以下のとおりです。

    ・東証一部上場企業が運営なので一定の安心感
    ・昭和39年設立の不動産のプロ
    ・優先劣後方式であなぶき興産が3割の劣後出資。リスクをおさるかわりに利回り低め
    ・サイトが重いという印象だったが、サイトがリニューアルされ今後に期待

    抽選になかなか当たらない.けど、当たればラッキー的なイメージです。


    【 Jointoα(ジョイントアルファ)

    さいごに

    以上、ジョイントアルファの評判・口コミ・特徴・メリット・デメリットをまとめました。

    なかなか当選しないけど、応募するのは無料ですよ


    何かの参考になれば幸いです。

    ではでは。

    スポンサードリンク