1
  • Rimpleは危ない?
  • Rimpleの評判は?
  • Rimpleは儲かるの?
そんな疑問があるかもしれません。

そこで、ソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディングに、
投資をはじめてすぐに100万溶かすも、1000万超運用中のもんが、
不動産クラウドファンディング(以下、不動産CF)のRimple(リンプル)について、
評判・口コミ・2つの特徴からメリット・デメリットまで、
まるっと解説します。


不動産CFを選ぶポイント

はじめに不動産CFは、元本保証ではない、途中解約できないことを念頭におきましょう。
その上で、不動産CFを選ぶポイントをピックアップしてみました。
💡不動産CFを選ぶポイント

✔損をするリスク対策は?
✔どんな会社が運営しているの?
✔物件情報と物件情報の公開度は?
✔利回り・運用期間は?

不動産CFとは?選ぶポイントとは?について

💡あわせて読みたい


Rimple(リンプル)を運営している会社

Rimple(リンプル)の運営会社は、
東証1部上場のプロパティーエージェント株式会社です。

上場していれば必ずしも安心というわけではありません。

しかし、財務、業績情報は随時公開されますし、
外部の監査もあるので、
一定の安心感はありますよ。

Rimpleの売りとしては、まずはここかな。

💡

上場企業は、4半期ごとに財務、業績情報を公開します。

Rimple(リンプル)で損をするリスク対策

1
Rimple(リンプル)では、
損をするリスクを下げる対策として、
優先劣後方式を採用しています。

優先出資側は、投資家。
劣後出資側は、運営会社です。

運用が想定通りにならず損失が出た場合、
劣後出資相当分までの損失を、
投資家より優先的に運営会社が負担します。

Rimpleの劣後出資割合は、30%です。
よって、プロパティエージェント社が30%分までの損をカバーします。

優先劣後方式を採用。劣後出資割合30%

Rimple(リンプル)の物件情報と情報公開度

2
Rimpleの13号ファンドにて、物件情報の公開度をチェックしてみました。

公開度としては、概ね公開されてました。

加えて、収益還元法など投資物件としての査定結果が公開されます。

【 Rimple(リンプル) 】

Rimple(リンプル)の利回り・運用期間

4
5
Rimple(リンプル)でこれまで募集されたファンドの想定利回りと運用期間です。

運用期間は6か月がほとんどで、最長が12カ月です。

運用期間が短めなのはいいですね♪


Rimple(リンプル)の特徴

1万円から投資可能

Rimpleでは、
1万円から投資可能です。

東京都心住居用中心

Rimpleの案件は、
東京都心のマンション、レジデンスなどの
住居用投資用物件が対象です。

2週間ごとにファンド募集

Rimpleのファンドに応募は、
抽選でおこなわれます。

この抽選が、なかなか当たりません。

しかし、21年4月から2週間ごとにファンド募集されることになりました。
今後、ファンドに応募しやすくなるかもしれませんね。

Rimple(リンプル)のメリット

Rimpleを他の不動産CFと比較し、
メリットをみてみましょう。

東証一部上場企業が運営

他の不動産CFで東証一部上場企業が運営しているケースは少ないです。

物件情報公開度が高い

住所、公共交通機関へのアクセス、構造といった物件の基本情報に加え、
収益還元法など投資物件としての査定結果も公開されます。

Rimple(リンプル)のデメリット

次に、Rimpleを他の不動産CFと比べ、
デメリットをみてみましょう。

マスターリースなし

損をするリスク対策として、
他の不動産CFでは、
「マスターリース契約」を採用することがあります。

空室となった場合、賃料収入がなくなります。
マスターリース契約とは、
空室時の賃料収入を保証する仕組みのこと。

Rimpleでは、マスターリース契約が、
ありません。

よって、空室になったらすぐに次の入居者があらわれそうか、
物件をチェックしましょう。

エリアが狭い

東京都心中心ということは、
メリットでもありますし、
デメリットにもなります。

複数の案件に投資し、
分散効果をめざすとします。

もし、震災などの万が一があると、
分散効果が得られない可能性があります。

過度な集中を下げるなどの対策を考えましょう。

Rimple(リンプル)の運用実績

6
7
これまで13件のファンドが募集され、
応募したのは8件、
そのうち当選は2回です。

なかなか当たらない...

2
Rimpleでは運用が終了した際に元本と分配金が一気に返済されます。
よって、運用実績としては、#4の一件です。

Rimple(リンプル)の評判・口コミ

Rimpleの評判・口コミは、例えば以下のとおりです。
  • 東証一部上場企業「プロパティエージェント」が運営であんしん
  • 抽選ほぼ当たらないとのこと
  • 1年以下で運用したい方は、適した商品が多めかと
  • 比較的短期的に余剰資金を運用したい向けかと

抽選に当たらないは、評判にも登場
でも、4月から2週間ごとにファンド募集されるので、今後に期待ですね。


【 Rimple(リンプル) 】

さいごに

以上、Rimpleの評判・口コミ・特徴・メリット・デメリットをまとめました。

なかなか当選しないけど、応募するのは無料ですよ


何かの参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサードリンク