1
  • 不動産投資型クラウドファンディング(以下不動産CF)って何?
  • 不動産CFのデメリットは?
  • 不動産CFの選び方は?
不労所得でセミリタイアを目指し、
不動産CF(含むソーシャルレンディング)に1,000万超投資中の
もん(@saborumon)が、不動産CFの特徴・メリット・デメリットから、
始め方、選ぶポイントなどまるっと解説します。

目次
1. 不動産投資型クラウドファンディングとは
2. 不動産投資型クラウドファンディングの特徴
3. 不動産投資型クラウドファンディングのメリット
4. 不動産投資型クラウドファンディングのデメリット
5. 不動産投資型クラウドファンディングの始め方
6. 不動産投資型クラウドファンディング初心者おすすめの事業者一覧
7. 不動産投資型クラウドファンディング投資のコツ
8. 不動産投資型クラウドファンディングを選ぶポイント

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディング
不動産投資型クラウドファンディング(以下不動産CF)とは、
以下の流れによる、不動産投資法です。
1. 個人投資家は、不動産CF事業者に投資します。
2. 不動産CF事業者は、集めた資金で不動産物件を取得、運営します。
3. 不動産物件から得られる賃料および売却益を収益源とします。
4. 不動産CF事業者と、個人投資家は、分配金と元本を受けとります。

不動産投資型クラウドファンディングの特徴

まず、不動産CFの特徴をおさえましょう。

元本保証ではない

不動産CFは、元本保証ではありません。

配当型の投資法なので毎月のリターンがおおよそみえる

不動産CFでは、
想定利回りと想定運用期間があり、
利回りに応じた分配金が支払われます。
分配金の推移
ぼくが実際に不動産CF(含むソーシャルレンディング)に投資し、
受けとった分配金の月ごとの推移です。

配当型の投資法なので、
毎月のリターンはおおよそ見えます。

投資する不動産がみえる

個人投資家は不動産CFに投資し、
不動産CFは対象の不動産を取得、運営します。

すなわち、個人投資家も、対象の不動産に投資しているといえます。

値動きがない

株などと異なり、不動産CFには、
値動きがありません。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

次は、不動産CFのメリットを考えます。

時間を拘束されない

不動産投資では、
投資後、物件の管理などをします。

一方、不動産CFでは、
投資後、することはありません。

完全にほったらかしでOKです。

1万円などの小額から投資可能

不動産投資では、
まとまった額の資金が必要です。

一方、不動産CFでは、
1万円など小額から投資可能です。

利回りは相対的に高い

✔銀行普通預金:0.001%
✔国債、社債:0.05~1.0%
✔不動産CF:3.0~6.0%

利回り型の資産運用法と比べると、
不動産CFの利回りは高めです。

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

デメリットもしっかりおさえましょう。

元本割れの可能性

不動産CFで元本割れを引き起こす可能性として、
主なリスクを以下に列挙します。

1. 事業者リスク
不動産CF事業者が倒産すると、元本は欠損しますよ。

2. 不動産の価格変動等リスク

✔経済状況の悪化により、不動産市況が悪化し不動産価格が悪化
✔空室による賃料収入不足
✔想定どおりに不動産売却できない

上記により、分配金不払いおよび元本が欠損する可能性があります。
💡

ここその他のリスクもありますよ。税制が変わる、天災など。


流動性がない

株式では市場が開いている間なら株を売ることができます。

不動産CFでは、途中での売却、解約はできません。

不動産投資型クラウドファンディングの始め方

不動産CFの始め方は、
ざっくり以下のとおりです。
1. 事業者をえらぶ
2. 口座を開設する
3. ファンドをえらぶ
4. ファンドに投資する

はじめてとしておすすめの方法は、
以下のとおりです。
  • 3つくらいの事業者に口座を開設する
  • 利回りの高さで決めない
  • 少額からはじめる
  • 実際に運用しながら、投資力をあげていく

不動産投資型クラウドファンディング初心者おすすめの事業者一覧

ぼくが実際に利用している事業者の中から、
おすすめの事業者をピックアップ、紹介します。

この事業者をピックアップしたよりどころは、
上場企業が運営&住居用物件&優先劣後方式による保全内容のわかりやすさ」です。

ジョイントアルファ

ジョイントアルファ
運営会社は、東証一部上場企業のあなぶき興産株式会社です。
1964年創業、売上規模900憶、純資産300憶です。
💡まとめ

✔東証一部上場企業
✔創業50年
✔売上規模900憶
✔純資産300億


【 Jointoα(ジョイントアルファ) 】

Rimple

Rimple
Rimple(リンプル)の運営会社は、
東証1部上場のプロパティーエージェント株式会社です。


大家.com

ジョイントアルファ、Rimpleでは、
案件は、抽選方式で募集されます。

人気があり、案件に投資しにくいのが実情です。

そのため、その他の不動産CFを開拓します。

大家.comは、買取保証制度がユニークですよ。


不動産投資型クラウドファンディング投資のコツ

不動産CFの特徴・メリット・デメリットをおさえたうえで、
投資するにはどうすればよいのか考えてみます。

分散投資

✔不動産CF事業者
✔不動産のジャンル

例えば、ホテル・物流施設など、
特定のジャンルに集中しすぎないようにします。

複利効果をねらう

不動産CFに投資後、
何もすることはありません。

運用期間が終わり、
口座に元本と分配金が戻ってきて、
お金がそのままになっていたりします。

それでは、複利効果がありません。
お金を遊ばせずに次に投資しましょう。
投資可能なお金がないという状態がベスト!
結構大変で、これぼくは苦手です。

不動産投資型クラウドファンディングを選ぶポイント

不動産CFを選ぶ際、
何をチェックすればよいのでしょう。
考えてみましょう。

不動産CF事業者

ひとつめは、不動産CF事業者に問題が起きなさそうかです。
先述のとおり、不動産CF事業者が倒産すると、
投資家から集めた元本は欠損します。

✔ジョイントアルファ:全国の住居用不動産がメイン。他、テナント、ホテル等
✔Rimple:都心中心の住居用不動産
✔creal:全国の住居用不動産、保育園、ホテル、テナント等
✔大家.com:全国の住居用不動産

不動産CF事業者によって、扱う不動産のジャンル・エリアは異なります。
不動産のジャンル・エリアによって、リスクとリターンは異なります。

保全対策の内容

ふたつめは、損をするリスクを下げる対策です。

損をするリスクは、ざっくり以下のとおりです。
  • 物件を運用している期間に空室になること
  • 物件の売却時に想定どおりの価格で売却できないこと
※地震、火災など、リスクはそれ以外にもあります。
ファンド募集ページを要チェックです!

リスクが悪い方向にふれても、
一定の損をカバーする対策がとられていることをチェックします。

他の事業者と比較するのがおすすめ。


物件情報の公開度

3つめは、物件情報の公開度です。

不動産に詳しくないぼくは、

物件情報チェックは、難しいんですよね...
少なくとも物件情報がしっかり公開されていることをチェックします。

そもそも物件情報が不明だとしたら....
投資家から集めた資金は、正しく運用されないかもしれません。
空室になったら、すぐに次の方が入居されそうか、
物件は見込みどおりの価格で売れそうか、わかりませんよね。

✔物件の住所、築年数
✔物件のジャンル
✔構造
✔公共交通機関へのアクセス
✔収支シュミレーション

物件情報として、例えば上記をチェックします。

収支シュミレーションが公開されてないと、案件の利回りが妥当かどうか判断しにくいです。


利回り・運用期間

4つめは、利回り・運用期間です。
運用期間が長ければ長いほどリスクは増えると考えられます。

ぼくとしては、運用期間が12カ月を超えると長いと感じるかな。

選ぶチェックポイント

・どんな会社が運営しているのか?

・損をするリスク対策は(保全対策)?

・物件情報の公開度は?

・利回り、運用期間は?


さいごに

以上、不動産CFについて、メリット・デメリット・リスク、選ぶポイントなど、
まるっとまとめました。

まだまだ勉強中ですので、学んだら記事をアップデータします。


ではでは。

スポンサードリンク