1
  • トラリピ&トライオートFXは危ない?
  • トラリピ&トライオートFXは儲かるの?
  • トラリピ&トライオートFXのデメリットは?
不労所得でセミリタイアを目指し、トラリピ&トライオートFXを運用して1000日超のもんが、先週の運用実績、利回り、設定をブログで公開します。

✔先週の不労所得:1,596円
✔先週の週利回り:0.01%(年利換算:0.07%)

まとめるとこんな感じです。

まいど!


トラリピ&トライオートFXとは

USDJPY 長期チャート
1994年以降の米ドル円
(引用:https://jp.tradingview.com/)

米ドル円の値動きは、ある一定のレンジ(範囲)内を行ったり来たりしてますよね。

為替レートの値動きは、レンジ内での動きになりがちです。
トラリピ&トライオートFXでは、この特性をねらいます。
FX自動売買
(引用、https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi)

通貨が安いときに買う。高くなれば売る。
これが、FXで利益をえる基本です。

あらかじめレンジを決め(想定レンジと呼ぶ)、
買いと売りの設定をすれば、
あとは「買い→売り→次の買い→売り・・・」と、
くり返すことで、収益を積みあげます。

メリットとしては、自動で勝手に売買してくれること。

デメリットは、レバレッジありなので、想定外の値動きに弱く、ロスカットなどにより損失が大きくなる可能性があることです。

デメリットの対処法は、適切なレバレッジ倍率で運用します。

寝てる間もこつこつ働いてくれます。

まとめ
✔為替レートの値動きはレンジになりがちという傾向をねらう
✔メリット:自動で勝手に売買してくれるので時間を拘束されない
✔デメリット:レバレッジありなので損失が大きくなる可能性⇒低レバレッジで運用しよう

トラリピを詳しく解説

💡あわせて読みたい


トラリピ&トライオートFXの先週の不労所得と利回り・含み損

先週の不労所得と利回り・含み損を紹介します。

トラリピとトライオートFXの使い分け

まずトラリピトライオートFXの使い分けです。

 マイナススワップ、売買手数料、スプレッドが運用コストです。
通貨ペアごとに運用コストをトラリピとトライオートFXで比較、運用コストが安い方で運用しています。

米ドル円は、トライオートFXが運用コストが安いです。
それ以外の通貨ペアは、トラリピとトライオートFXで差はそんなにありません。
差がなければぼくの好みでトラリピを選んでいます。

【 トライオートFXに口座開設する  】

先週の不労所得と利回り

chart (38)
トラリピ
chart (37)
トライオートFX

トラリピトライオートFX をあわせた先週の運用実績は以下のとおり。
  • 先週の不労所得(実現損益):1,596円
  • 先週の週利回り:0.01%(年利換算:0.7%)
  • 目標年利6.0%との差:-5.3%
先週の週利回りが1年間続くと仮定すると、年利0.7%です。
先週は、目標年利6.0%からは、大きくマイナスでした。

先週は値動き少なし


先週の不労所得(通貨ペア別)

評価損益 と 売買損益 (4)
トラリピ
chart (36)
トライオートFX

先週、最も収益をあげた通貨ペアは豪ドル円でした。
といっても、他の通貨ペアと似たり寄ったりですが。

決済は通貨ペアごとに1回だけ


先週の含み損

先週の含み損は、トラリピ&トライオートFXあわせて、-576,835円でした。
💡

含み損が有効証拠金を超えたらロスカット!超えなさそうかチェックしよう

💡先週のまとめ

✔週利回り:0.01%(年利換算:0.7%、目標年利6.0%からの差:マイナス5.3%)
✔先週の不労所得:1,596円
✔含み損:-576,835円


トラリピ&トライオートFXのこれまでの収益・含み損の推移

これまでの収益(不労所得)、含み損の推移をみてみましょう。

収益の推移

トラリピ 実現損益の推移 (4)
トライオートFX 週間実現損益 (4)
収益は、青線です。

先週の収益は、以下のとおり。
トラリピ:ほとんどゼロ
トライオートFX:3週連続でマイナス

ほとんど収益ゼロで寂しい限り


平均収益

chart (40)
1通貨単位での週間実現損益 (4)
トラリピとトライオートFXを平均すると、1通貨ペアあたりの平均収益は、2,600円です。

含み損の推移

_と 1通貨ペアあたりの含み損(トラリピ) (4)
chart (34)
最大の含み損、80万オーバー
※1通貨ペアあたり
💡

注、コロナショック後(20年5月)からのデータです。

先週の含み損は、最大含み損と比べたらまだ余裕です。


トラリピ&トライオートFXの運用1000日超でのトータルの収益

これまでのトータル収益を紹介します。

トータルの収益(通貨ペア別)

chart (39)
chart (35)
通貨ペア別の累積収益は、加ドル円がトップです。

一方、最低収益は豪ドルNZドルです。

通貨ペアごとに収益に差があるので、
複数の通貨ペアを運用するのは分散効果があると考えます。


トータルの収益

トラリピ 累積損益 (4)
トライオートFX 累積損益の推移 (4)
トータルの収益(売買+スワップ)は、青線です。

7通貨ペアをすべて合わせた169週目でのトータル収益は、約320万です。

こつこつ収益積みあげ


トラリピ&トライオートFXの設定

参考記事:通貨ペアの決め方は?という方は↓
参考記事:詳細なトラリピの設定方法はこちら↓
リピート系FX トラリピの戦略と具体的な設定 ユーロ英ポンド編
参考記事:詳細なトライオートFXの設定方法はこちら↓

さいごに

以上、先週のトラリピ &トライオートFXの運用実績でした。

何かしら気になることがあったら幸いです。

ではでは。


スポンサードリンク